(決算速報)
 ASIAN STAR(エイシアンスター) <8946> (JQ)は2月15日の取引時間終了後に20年12月期連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収・赤字だった。21年12月期は大幅増収で黒字転換予想とした。M&Aも寄与して収益改善基調を期待したい。株価は12月の直近安値圏から反発の動きを強めている。21年12月期の黒字転換予想も好感して出直りを期待したい。
 
■20年12月期は新型コロナ影響で赤字だが、21年12月期黒字転換予想
 
 20年12月期連結業績は、売上高が19年12月期比3.8%減の19億51百万円、営業利益が2億円の赤字(19年12月期は72百万円の赤字)、経常利益が2億09百万円の赤字(同85百万円の赤字)、当期純利益が3億10百万円の赤字(同1億97百万円の赤字)だった。
 
 不動産賃貸事業は堅調だったが、新型コロナウイルスの影響で不動産販売事業の横浜における戸建販売引き渡しが鈍化した。またコスト面では、販売用不動産評価損の計上や、テレワーク体制整備など感染対策費用増加も影響した。
 
 21年12月期連結業績予想は、売上高が20年12月期比76.2%増の34億46百万円、営業利益が90百万円の黒字、経常利益が89百万円の黒字、当期純利益が69百万円の黒字としている。
 
 収益不動産とリゾート地売却によって販売売上の上乗せを図り、子会社化した徳威グループ3社が不動産仲介事業および不動産管理事業の収益に寄与する見込みだ。M&Aも寄与して収益改善基調を期待したい。
 
■株価は反発の動き
 
 株価は12月の直近安値圏から反発の動きを強めている。21年12月期の黒字転換予想も好感して出直りを期待したい。2月15日の終値は101円、時価総額は約20億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)