(決算速報)
 インフォマート <2492> は2月15日の取引時間終了後に20年12月期連結業績を発表した。新型コロナウイルスや先行投資の影響で減益だったが、計画超で着地した。21年12月期は先行投資でデータセンター費や人件費が増加するため減益・減配予想とした。ただし売上が回復基調であり、上振れを期待したい。株価は戻り高値圏だけに、目先的には21年12月期減益・減配予想を嫌気する動きが優勢になりそうだが、売り一巡後のリバウンドを期待したい。
 
■20年12月期減益だが計画超で着地、21年12月期減益・減配予想
 
 20年12月期の連結業績(1月21日に上方修正)は、売上高が19年12月期比2.8%増の87億77百万円、営業利益が40.4%減の14億71百万円、経常利益が40.7%減の14億57百万円、純利益が40.2%減の10億14百万円だった。
 
 BtoB-PF ES事業(22.0増収)は請求書の有料契約企業数が増加して大幅伸長したが、BtoB-PF FOOD事業(2.0%減収)は新型コロナウイルス影響で食材流通金額が減少し、売り手企業の受発注システム使用料が減少した。全体として増収だったが、サーバー体制増強によるデータセンター費の増加、営業および営業サポート人員の増強による人件費の増加など、先行投資負担で減益だった。
 
 なお計画に対しては、売上面では4月を底にして回復基調となり、想定を上回る水準で推移した。コスト面では、保守的に計画していたデータセンター費およびソフトウェア償却費が未発生となり、国内出張自粛による旅費交通費の減少も寄与して、各利益が計画を上回った。
 
 21年12月期の連結業績予想は、売上高が20年12月期比8.7%増の95億40百万円、営業利益が52.4%減の7億円、経常利益が57.1%減の6億25百万円、当期純利益が58.1%減の4億25百万円、配当が2円77銭減配の94銭としている。
 
 売上面では、BtoB-PF ES事業(計画28.8%増収)がDXの流れも背景として大幅伸長見込みだが、BtoB-PF FOOD事業(計画1.4%増収)は新型コロナウイルスによるマイナス影響が当面続く想定とした。コスト面では先行投資でデータセンター費や人件費が増加するため、各利益とも減益見込みとした。ただし売上が回復基調であり、上振れを期待したい。
 
■株価は戻り高値圏
 
 株価は戻り高値圏だけに、目先的には21年12月期減益・減配予想を嫌気する動きが優勢になりそうだが、売り一巡後のリバウンドを期待したい。2月15日の終値は1011円、時価総額は約2623億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)