(決算速報)
 イトーキ <7972> は2月12日の取引時間終了後に20年12月期連結業績(2月10日に上方修正)を発表した。従来の営業・経常大幅減益予想から一転して営業・経常大幅増益で着地した。第4四半期の需要回復が想定以上となり、販管費削減なども寄与した。21年12月期は営業・経常利益横ばい予想とした。ただし保守的だろう。需要が回復基調であり、収益拡大を期待したい。株価はモミ合い展開だが上放れの動きを強めている。出直りを期待したい。
 
■20年12月期営業・経常大幅増益、21年12月期営業・経常横ばい予想
 
 20年12月期連結業績は売上高が19年12月期比4.9%減の1162億10百万円だが、営業利益が99.1%増の17億98百万円、経常利益が99.0%増の18億81百万円だった。当期純利益は特別損失(減損損失、開業費償却など)計上で2億35百万円の赤字(19年12月期は5億50百万円の赤字)だった。
 
 新型コロナウイルスの影響で第2四半期から需要が急減速したため、従来は営業・経常大幅減益予想としていたが、第4四半期の需要回復が想定以上となり、販管費の削減なども寄与して、一転して営業・経常大幅増益で着地した。
 
 通期ベースでは、オフィス関連事業は0.0%減収で14.8%減益、設備機器関連事業は11.0%減収だがコストダウン効果で2.6倍増益、その他はパーソナル事業におけるテレワーク需要で5.4%増収となり、営業黒字化した。
 
 四半期別に見ると、第1四半期は売上高377億07百万円で営業利益30億01百万円、第2四半期は売上高269億97百万円で営業利益3億70百万円の赤字、第3四半期は売上高214億89百万円で営業利益19億12百万円の赤字、第4四半期は売上高300億17百万円で営業利益10億79百万円だった。
 
 21年12月期連結業績予想は売上高が20年12月期比1.9%減の1140億円、営業利益が0.1%増の18億円、経常利益が1.0%増の19億円、当期純利益が特別損失一巡で7億円の黒字(20年12月期は2億35百万円の赤字)としている。
 
 新型コロナウイルスなどで厳しい事業環境が続くことを想定して減収、利益率改善で減収影響を挽回して営業・経常利益横ばい予想としている。ただし保守的だろう。需要が回復基調であり、収益拡大を期待したい。
 
■株価はモミ合い上放れの動き
 
 株価はモミ合い展開だが、上方修正も好感して上放れの動きを強めている。出直りを期待したい。2月12日の終値は355円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS15円50銭で算出)は約23倍、時価総額は約162億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)