(決算速報)
 KeyHolder <4712> (JQ)は2月12日の取引時間終了後に20年12月期連結業績を発表した。M&Aや事業再編などで計画を大幅に上回る黒字で着地した。21年12月期は減益予想とした。さらなる成長加速に向けた先行投資などを考慮しているようだ。中期的に収益改善を期待したい。株価は調整一巡して反発の動きを強めている。目先的には21年12月期減益予想を嫌気する可能性もあるが、収益構造転換に向けた積極展開を評価して出直りを期待したい。
 
■20年12月期は計画超の黒字、21年12月期は減益予想
 
 20年12月期連結業績(IFRS)は、売上収益が107億円、営業利益が16億05百万円の黒字、当期純利益が12億88百万円の黒字だった。19年12月期(営業利益が4億19百万円の赤字、当期利益が8億48百万円の赤字)は決算期変更で9ヶ月決算だったため比較はできないが、M&Aや事業再編などで計画を大幅に上回る黒字で着地した。
 
 売上面は新型コロナウイルスにより、総合エンターテインメント事業でライブ・イベントの中止、映像制作事業で撮影・ロケの延期・中止などの影響を受けたが、第3四半期に連結子会社化したノースリバーが好調に推移した、営業利益はノースリバーの株式取得に伴って、アイドルグループ「乃木坂46」運営の乃木坂46合同会社を持分法適用会社化し、持分法投資利益27億84百万円を計上したことが寄与した。当期純利益については、キーノート(現グローベルス)とプロスペクトとの株式交換で取得していた株式の評価損5億37百万円を計上したが計画を大幅に上回った。
 
 21年12月期の連結業績予想(IFRS)については、売上収益が20年12月期比40.2%増の150億円だが、営業利益が37.7%減の10億円、当期純利益が34.1%減の8億50百万円としている。
 
 ノースリバーの通期連結や総合エンターテインメント事業の拡大などで大幅増収だが、新たな一手としてエージェント構想を進めており、さらなる成長加速に向けた先行投資などを考慮しているようだ。中期的に収益改善を期待したい。
 
■株価は出直り期待
 
 株価(20年8月15日付で10株を1株に併合)は上値を切り下げる展開だったが、調整一巡して反発の動きを強めている。目先的には21年12月期減益予想を嫌気する可能性もあるが、収益構造転換に向けた積極展開を評価して出直りを期待したい。2月12日の終値は915円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS49円04銭で算出)は約19倍、時価総額は約159億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)