(決算速報)
 GMOグローバルサイン・ホールディングス <3788> は2月12日の取引時間終了後に20年12月期連結業績を発表した。営業・経常利益は増益予想から一転して減益着地となった。21年12月期は先行投資負担で減益・減配予想とした。株価は12月の直近安値圏から反発の動きを強めている。目先的には失望売りが優勢になりそうだが、中期成長シナリオに変化はなく、急落場面があれば投資機会と考えたい。
 
■20年12月期営業・経常減益、21年12月期減益予想
 
 20年12月期連結業績は、売上高が19年12月期比1.7%増の133億32百万円、営業利益が5.7%減の13億57百万円、経常利益が6.2%減の13億94百万円、当期純利益が9.1%増の11億70百万円だった。営業・経常利益は増益予想から一転して減益着地となった。純利益は減損損失減少や法人税等減少で増益だった。配当は4円22銭増配の50円81銭とした。
 
 セキュリティ事業は0.8%減収で6.9%減益だった。売上面はセキュリティ向上を目的としたSSL有効期限短縮に伴う単価下落の一時的影響や為替影響を受け、利益面はシステム投資による減価償却費増加も影響した。クラウド・ホスティング事業は2.4%増収で15.7%増益だった。従来のホスティングサービスは減少傾向だが、クラウドサービスが18.5%増収と拡大し、既存サービス統廃合や外注業務内製化などの効果も寄与した。ソリューション事業は電子印鑑GMOサインの大幅伸長などで18.3%増収だが、広告宣伝費の増加など先行投資負担で前期並みの赤字が継続した。
 
 21年12月期連結業績予想は、売上高が20年12月期比6.7%増の142億29百万円、営業利益が25.7%減の10億08百万円、経常利益が24.7%減の10億50百万円、当期純利益が33.8%減の7億75百万円、配当予想が17円17銭減配の33円64銭とした。
 
 電子認証事業を中心としたトラストサービスを柱として、電子印鑑GMOサインなど成長分野の新規サービス収益化に向けた施策に取り組むため、先行投資負担で減益予想としている。中期成長を期待したい。
 
■株価は目先的に失望売りの可能性だが、急落場面は投資機会
 
 株価は12月の直近安値圏から反発の動きを強めている。目先的には失望売りが優勢になりそうだが、中期成長シナリオに変化はなく、急落場面があれば投資機会と考えたい。2月12日の終値は1万110円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS67円28銭で算出)は約150倍、時価総額は約1202億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)