(決算速報)
 マーチャント・バンカーズ <3121> (東2)は2月12日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収減益だが営業黒字を確保した。通期大幅増益予想を据え置いた。ANGOO FinTech関連のステーブルコインの売上計上を目指すとしている。通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は上値が重くモミ合う形だが煮詰まり感を強めている。通期予想据え置きを好感して上放れの動きを期待したい。
 
■21年3月期3Q累計営業黒字で通期大幅増益予想据え置き
 
 21年3月期第3四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比33.9%減の10億45百万円、営業利益が97.6%減の3百万円の黒字、経常利益が61百万円の赤字(同66百万円の黒字)、四半期純利益が1億97百万円の赤字(同50百万円の黒字)だった。
 
 マーチャント・バンキング事業(24.0%減収)で投資収入が減少し、オペレーション事業(41.7%減収)が新型コロナウイルスの影響を受けたため、全体として減収減益だが、マーチャント・バンキング事業では全国25物件の安定的な不動産賃貸収入を確保し、オペレーション事業ではホテル運営から撤退(20年11月)した効果で収益性が改善し、全体として営業黒字を確保した。なお特別損失にホテル事業撤退に伴う減損損失1億59百万円を計上した。
 
 四半期別に見ると、第1四半期は売上高3億03百万円で営業利益39百万円の赤字、第2四半期は売上高3億63百万円で営業利益4百万円の黒字、第3四半期は売上高3億79百万円で営業利益38百万円の黒字だった。
 
 通期連結業績予想は据え置いて、売上高が20年3月期比2.1%増の25億円、営業利益が2.8倍の6億円、経常利益が4.6倍の5億円、当期純利益が3.6倍の3億円としている。
 
 ANGOO FinTech関連で審査・プロモーション手数料として受領済みのステーブルコインの換金化による売上計上を目指すとしている。通期ベースで収益拡大を期待したい。
 
■株価はモミ合い上放れ期待
 
 株価は上値が重くモミ合う形だが煮詰まり感を強めている。通期予想据え置きを好感して上放れの動きを期待したい。2月12日の終値は329円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS10円77銭で算出)は約31倍、時価総額は約92億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)