(決算速報)
 ジェイエスエス <6074> (JQ)は2月12日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収減益だが営業・経常黒字だった。そして通期利益予想を上方修正(2回目)し、従来の赤字予想から一転して営業・経常黒字予想とした。株価は安値圏でのモミ合いから上放れの動きとなっている。2回目の利益上方修正を好感して戻りを試す展開を期待したい。
 
■21年3月期利益2回目の上方修正で営業・経常黒字予想
 
 21年3月期第3四半期累計の業績(非連結)は、売上高が前年同期比29.2%減の46億85百万円、営業利益が81.8減の74百万円、経常利益が81.4%減の77百万円、四半期純利益が2億13百万円の赤字(前年同期は2億64百万円の黒字)だった。
 
 新型コロナウイルスに伴う臨時休業や在籍会員数減少で減収減益だが、コストコントロール徹底で営業・経常利益は黒字だった。全事業所の合計会員数は7.7%減の9万3860人となった。なお臨時休業中に発生した固定費を新型コロナウイルス感染症による損失(5億22百万円)として特別損失に計上し、雇用調整助成金等収入1億84百万円を特別利益に計上した。
 
 四半期別に見ると、第1四半期は売上高9億41百万円で営業利益6億56百万円の赤字、第2四半期は売上高18億22百万円で営業利益5億71百万円、第3四半期は売上高19億22百万円で営業利益1億59百万円だった。第2四半期から回復傾向となった。
 
 通期予想は売上高を据え置き、各利益を上方修正(11月13日続いて2回目)して、売上高が20年3月期比22.1%減の66億05百万円、営業利益が88.5%減の43百万円、経常利益が87.5%減の49百万円、当期純利益が2億40百万円の赤字(20年3月期は1億85百万円の黒字)とした。
 
 従来の赤字予想から一転して営業・経常黒字予想とした。新型コロナウイルスの影響が不透明だが、各業務のオペレーション見直しやWEB会議システムの活用など、コストコントロール徹底が寄与する見込みだ。収益改善基調を期待したい。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は安値圏でのモミ合いから上放れの動きとなっている。2回目の利益上方修正を好感して戻りを試す展開を期待したい。2月12日の終値は485円、時価総額は約20億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)