大規模な経済対策が実施される可能性が高まったことでドル円は一段と上昇し、105円76銭まで買われた。雇用統計発表後は低調な結果からドル売りが強まり、105円32銭まで売られ、この日の安値圏で越週。

 ユーロドルは1.19台後半から反発し、1.2050まで上昇。株式市場は議会上下院で予算決議案が可決されたことを受け続伸。ダウは5日続伸し、ナスダックとS&P500は連日で最高値を更新。債・・・・

続きを読む