(決算速報)
 TAC <4319> は2月5日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計連結業績を発表した。資格試験延期や教室講義中止など新型コロナウイルスの影響で減収だが、原価低減や販管費抑制の効果で増益だった。そして通期の大幅増益予想を据え置いた。通期ベースでも収益拡大を期待したい。株価は昨年来高値を更新した。第3四半期累計業績を評価して上値を試す展開を期待したい。
 
■21年3月期3Q累計は減収だが増益、通期大幅増益予想据え置き
 
 21年3月期第3四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比4.9%減の146億94百万円(前受金調整前の現金ベースは6.2%減の147億90百万円)、営業利益が3.6%増の5億41百万円、経常利益が13.0%増の7億01百万円、純利益が64.6%増の4億77百万円だった。
 
 売上面では出版事業が伸長したが、個人教育事業および法人研修事業が新型コロナウイルスの影響(大学の休校、各種資格・検定試験の延期・中止、教室での講義の中止、研修の縮小や実施延期・中止など)を受け、全体として減収だった。しかし出版事業の伸長、原価や販管費の抑制、返品調整引当金戻入の計上などで増益だった。
 
 なお四半期別に見ると、第1四半期は売上高が51億05百万円で営業利益が5億12百万円、第2四半期は売上高が50億39百万円で営業利益が3億94百万円、第3四半期は売上高が45億49百万円で営業利益が3億65百万円の赤字だった。講座申し込みは期前半に集中するが、営業費用は毎月一定額を計上するため、利益は期前半に集中し、下期は赤字となる収益特性がある。
 
 通期の連結業績予想は据え置いて、売上高が20年3月期比0.1%増の203億50百万円、営業利益が4.3倍の6億90百万円、経常利益が2.6倍の6億84百万円、純利益が4.0倍の4億10百万円としている。
 
 売上面は通期ベースでも新型コロナウイルスの影響を受けるが、講師料、教材制作外注費、賃借料など原価・販管費の削減効果で大幅増益予想としている。通期ベースでも収益拡大を期待したい。
 
■株価は昨年来高値更新
 
 株価は順調に水準を切り上げて昨年来高値を更新した。第3四半期累計業績を評価して上値を試す展開を期待したい。2月5日の終値は274円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS22円16銭で算出)は約12倍、時価総額は約51億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)