(決算速報)
 ミロク情報サービス <9928> は2月4日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計連結業績を発表した。前年特需の反動や新型コロナウイルスによる営業活動制約などで減収減益だった。ただし通期予想に対する利益進捗率は高水準だった。通期利益予想は再上振れの可能性が高いだろう。株価は反発して基調転換の動きを強めている。第3四半期累計の高進捗率も評価して出直りを期待したい。
 
■21年3月期3Q累計減益だが高進捗率、通期利益再上振れの可能性
 
 21年3月期第3四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比8.5%減の249億61百万円、営業利益が30.0%減の36億05百万円、経常利益が31.1%減の36億02百万円、純利益が43.1%減の19億84百万円だった。
 
 前年のWindows7サポート終了に伴うPC入れ替え特需の反動減に加えて、新型コロナウイルスの影響で営業・システム導入支援活動が制約を受けたため減収減益だった。サービス収入はサブスクリプションモデルの増加や新規顧客の保守契約の増加などで9.9%増収と順調だったが、システム導入契約売上高が18.0%減収だった。
 
 なお四半期別に見ると、第1四半期は売上高79億32百万円で営業利益9億92百万円、第2四半期は売上高85億90百万円で営業利益14億97百万円、第3四半期は売上高84億39百万円で営業利益11億16百万円だった。
 
 通期の連結業績予想(10月30日に売上高を下方修正、利益を上方修正)は据え置いて、売上高が20年3月期比5.6%減の335億円、営業利益が15.8%減の44億円、経常利益が18.1%減の43億50百万円、純利益がソフトウェア評価損一巡で39.7%増の25億70百万円としている。
 
 新型コロナウイルスの影響などで減収減益予想だが、第3四半期累計の進捗率は営業利益が81.9%、経常利益が82.8%と高水準だった。通期利益予想は再上振れの可能性が高いだろう。
 
■株価は基調転換の動き
 
 株価は12月の安値圏から反発して基調転換の動きを強めている。週足チャートで見ると抵抗線となっていた26週移動平均線を突破した。第3四半期累計の高進捗率も評価して出直りを期待したい。2月4日の終値は2265円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS83円78銭で算出)は約27倍、時価総額は約788億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)