(決算速報)
 テンポイノベーション <3484> は2月3日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で営業減益だったが、各利益は通期予想を超過達成した。緊急事態宣言再発令の影響を考慮して通期予想を据え置いたが、第1四半期をボトムとして成約件数が回復傾向であり、通期利益予想は上振れが濃厚だろう。株価は11月の戻り高値に接近している。第3四半期累計の高進捗率を好感して上値を試す展開を期待したい。
 
■21年3月期3Q累計営業減益だが高進捗率、通期減益予想だが上振れ濃厚
 
 21年3月期第3四半期累計の業績(非連結)は、売上高が前年同期比6.8%増の79億36百万円、営業利益が9.1%減の6億04百万円、経常利益が0.6%増の6億93百万円、純利益が1.6%減の4億73百万円だった。
 
 累計ベースでは、転貸借物件の積み上げ(前年比43件増加の1677件)や不動産売買事業における2物件売却などで増収だが、特に第1四半期に新型コロナウイルスの影響を受け、新規成約件数の減少(前年比76件減少の216件)に伴って店舗転貸借事業のイニシャル収入が減少したため営業減益だった。
 
 ただし第2四半期以降は成約件数が回復傾向(第1四半期43件、第2四半期81件、第3四半期92件)となり、営業利益も回復傾向だ。四半期別に見ると、第1四半期は売上高が24億04百万円で営業利益が1億円、第2四半期は売上高が27億69百万円で営業利益が1億90百万円、第3四半期は売上高が27億63百万円で営業利益が3億14百万円だった。
 
 通期の業績(非連結)予想は、売上高が20年3月期比1.0%増の100億84百万円、営業利益が23.5%減の6億円、経常利益が17.3%減の6億71百万円、純利益が19.9%減の4億51百万円としている。
 
 緊急事態宣言再発令の影響を考慮して通期予想を据え置いたが、第3四半期累計時点で通期利益予想を超過達成した。第1四半期をボトムとして成約件数が回復傾向であり、通期利益予想は上振れが濃厚だろう。
 
■株価は上値試す
 
 株価は11月の戻り高値に接近している。第3四半期累計の高進捗率を好感して上値を試す展開を期待したい。2月3日の終値は918円、今期予想PER(会社予想のEPS25円35銭で算出)は約36倍、時価総額は約164億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)