(決算速報)
 寿スピリッツ <2222> は2月1日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響を強く受けて大幅減収・赤字だった。ただし第3四半期は減収幅が縮小して黒字転換した。GoToトラベルキャンペーン停止などで当面は厳しい事業環境が続くが、22年3月期の収益回復を期待したい。株価は直近安値圏から切り返しの動きを強めている。業績悪化を織り込み済みであり、第3四半期の黒字転換を評価して戻りを試す展開を期待したい。
 
■21年3月期3Q累計赤字だが3Q黒字転換
 
 21年3月期第3四半期累計連結業績は売上高が前年同期比54.3%減の163億06百万円、営業利益が23億07百万円の赤字(前年同期は61億90百万円の黒字)、経常利益が3億02百万円の赤字(同62億42百万円の黒字)、純利益が1億74百万円の赤字(同39億70百万円の黒字)だった。新型コロナウイルスの影響(店舗の臨時休業、外出・移動の自粛、インバウンド需要の消失)を強く受けて大幅減収・赤字だった。営業外収益には助成金収入18億69百万円を計上した。
 
 ただし四半期別に見ると第3四半期は売上高が84億01百万円、営業利益が11億13百万円の黒字、経常利益が16億53百万円の黒字、純利益が11億15百万円の黒字となった。第1四半期の74.4%減収、第2四半期の55.9%減収に対して、第3四半期はGoToトラベルキャンペーン効果などで36.8%減収と減収幅が縮小し、人件費抑制や経費見直しなどのコスト削減効果も寄与して各利益が黒字転換した。
 
 通期連結業績予想は据え置いて、売上高が20年3月期比48.8%減の231億40百万円、営業利益が34億円の赤字(20年3月期は64億54百万円の黒字)、経常利益が13億70百万円の赤字(同64億75百万円の黒字)、純利益が9億円の赤字(同41億円の黒字)としている。
 
 GoToトラベルキャンペーン停止や緊急事態宣言再発令などで、当面は厳しい事業環境が続くが、22年3月期の収益回復を期待したい。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は直近安値圏から切り返しの動きを強めている。21年3月期の業績悪化を織り込み済みであり、第3四半期の黒字転換を評価して戻りを試す展開を期待したい。2月1日の終値は5780円、時価総額は約1799億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)