(決算速報)
 テクマトリックス <3762> は1月29日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計の連結業績を発表した。リモートワークを支援するセキュリティ関連製品の需要増などで大幅増益だった。通期予想を据え置いたが、第3四半期累計の進捗率は順調であり、通期上振れ余地がありそうだ。クラウドサービスが牽引して収益拡大基調だろう。株価は10月の上場来高値から反落して上値を切り下げたが、好業績を見直して戻りを試す展開を期待したい。
 
■21年3月期3Q累計大幅増益と順調、通期予想据え置きだが上振れ余地
 
 21年3月期第3四半期の累計連結業績(新収益認識基準)は、売上高が前年同期比7.0%増の219億34百万円、営業利益が25.0%増の26億25百万円、経常利益が25.2%増の26億23百万円、そして純利益が26.5%増の17億17百万円だった。なお第1四半期から新収益認識基準を適用している。従来の会計処理方法で比較すると28.8%増収、52.3%営業増益だった。
 
 情報基盤事業は9.7%増収で29.7%増益だった。特に第1四半期に新型コロナウイルスでリモートワークを支援するセキュリティ関連製品の需要が急増した。リモートワーク環境の整備や各拠点のセキュリティ対策の一元化を目的とした大型案件を受注した。アプリケーション・サービス事業は1.7%増収で13.4%増益だった。医療分野の医療情報クラウドサービスNOBORIの累積契約施設数が増加し、CRM分野のFAQシステムも順調だった。
 
 なお四半期別営業利益は、第1四半期が9億69百万円、第2四半期が7億13百万円、第3四半期が9億43百万円だった。
 
 通期の連結業績予想は据え置いて、売上高が20年3月期比5.1%増の300億円、営業利益が9.0%増の33億円、経常利益が9.3%増の33億円、純利益が12.7%増の21億円としている。
 
 新型コロナウイルスによる不透明感を考慮して通期予想を据え置いたが、第3四半期累計の進捗率は売上高が73.1%、営業利益が79.5%と順調であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。クラウドサービスが牽引して収益拡大基調だろう。
 
■株価は戻り試す
 
 株価(20年7月1日付で株式2分割)は10月の上場来高値から反落して上値を切り下げたが、好業績を見直して戻りを試す展開を期待したい。1月29日の終値は1906円で、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS52円84銭で算出)は約36倍、時価総額は約849億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)