(決算速報)
 川崎近海汽船 <9179> (東2)は1月29日の取引時間中に21年3月期第3四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収減益だったが、通期の売上高および営業・経常利益予想を上方修正した。営業・経常利益は2回目の上方修正で、営業利益は従来の赤字予想から黒字予想に転換した。収益回復基調を期待したい。株価は戻り一服となってモミ合う形だが出直りを期待したい。
 
■21年3月期3Q累計減益だが、通期営業・経常利益予想を再上方修正
 
 21年3月期第3四半期累計連結業績は売上高が前年同期比18.3%減の278億20百万円、営業利益が53.5%減の9億66百万円、経常利益が64.5%減の7億42百万円、純利益が57.3%減の6億95百万円だった。
 
 新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で荷動きが低迷し、運送契約終了による運航席数減少や燃料価格下落に伴う運賃減少も影響して減収減益だった。近海部門は29.1%減収、内航部門は13.1%減収、OSV部門は27.7%減収だった。特別利益には固定資産売却益(外航船売船)と違約金収入、特別損失には用船契約解約金を計上した。
 
 なお四半期別の営業利益は、第1四半期が3億16百万円の赤字、第2四半期が5億51百万円の黒字、第3四半期が7億31百万円の黒字だった。荷動き・市況が緩やかに回復して収益回復基調だ。
 
 通期連結業績予想は、従来予想に対して売上高を11億円上方修正、営業利益を4億50百万円上方修正、経常利益を5億50百万円上方修正、純利益を据え置いて、売上高が20年3月期比17.2%減の367億円、営業利益が86.9%減の2億50百万円、経常利益が0百万円(20年3月期は19億07百万円の黒字)、純利益が0百万円(同13億70百万円の黒字)とした。営業利益と経常利益は2回目の上方修正である。
 
 第4四半期も新型コロナウイルスによる厳しい事業環境が継続し、季節要因による荷動きの落ち込みも想定されるが、第3四半期の荷動きが想定を上回ったことに加えて、燃料価格が想定を下回っていることも寄与する。営業利益は従来の赤字予想から黒字予想に転換した。引き続き新型コロナウイルスの影響で厳しい状況だが、収益回復基調を期待したい。
 
■株価は出直り期待
 
 株価は戻り一服となってモミ合う形だ。上方修正に対して反応薄だったが、地合い悪化が影響しただろう。収益回復基調を評価して出直りを期待したい。1月29日の終値は2525円、時価総額は約75億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)