(決算速報)
 京写 <6837> (JQ)は1月29日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収・赤字だった。ただし第2四半期後半から受注が回復基調となり、第3四半期は営業黒字化した。そして通期予想を上方修正し、従来予想に対して赤字幅が縮小する見込みとした。収益回復基調を期待したい。株価はモミ合いから上放れの動きを強めている。さらに上方修正を好感して戻りを試す展開を期待したい。
 
■21年3月期3Q累計赤字だが、通期予想上方修正して赤字縮小見込み
 
 21年3月期第3四半期累計連結業績は売上高が前年同期比11.9%減の125億12百万円で、営業利益が72百万円の赤字(前年同期は68百万円の黒字)、経常利益が59百万円の赤字(同61百万円の黒字)、純利益が2億61百万円の赤字(同67百万円の黒字)だった。
 
 第2四半期後半から需要回復基調となったが、累計ベースでは新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で、自動車関連、事務機関連、LED照明関連などの需要が大幅に減少した。なお中国の連結子会社(京写広州)に係る追加納税見込額1億70百万円を過年度法人税等として計上している。
 
 四半期別の営業利益は、第1四半期が1億08百万円の赤字、第2四半期が65百万円の赤字、第3四半期が1億01百万円の黒字だった。第2四半期後半から受注が回復基調となり、第3四半期は営業黒字化した。
 
 通期の連結業績予想は上方修正(従来予想に対して売上高を7億円、営業利益を2億円、経常利益を2億円、純利益を2億円、それぞれ上方修正)して、売上高が20年3月期比9.1%減の173億円、営業利益が70百万円の赤字(20年3月期は79百万円の黒字)、経常利益が10百万円の赤字(同98百万円の黒字)、純利益が3億60百万円の赤字(同1百万円の黒字)とした。
 
 従来予想に対して赤字幅が縮小する見込みとした。売上面では第2四半期後半からプリント配線板事業の受注が回復基調となり、利益面では業務効率化・経費削減効果に加えて、ベトナム子会社の生産開始準備費用が想定を下回ったことも寄与する。収益回復基調を期待したい。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は12月下旬に急伸してモミ合いから上放れの動きを強めている。さらに上方修正を好感して戻りを試す展開を期待したい。1月29日の終値は299円、時価総額は約44億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)