建設技術研究所 <9621> は総合建設コンサルタントの大手である。1月22日に20年12月期連結業績予想を上方修正した。受注増加と原価率改善が寄与した。防災・減災対策など国土強靭化計画を背景として、21年12月期も収益拡大を期待したい。株価は20年1月の昨年来高値に接近している。上値を試す展開を期待したい。
 
■総合建設コンサルタント大手
 
 総合建設コンサルタントの大手である。河川・ダム・海岸・海洋、道路、橋梁、トンネル、都市・地方計画などの分野に強みを持っている。海外では英Waterman Group Plc(ロンドン証券取引所上場)を連結子会社化している。
 
 CTIグループ中長期ビジョン「CLAVIS2025」では、目標数値(19年改訂)として25年の売上高850億円(国内60億円、海外250億円)、営業利益60億円を掲げている。
 
■20年12月期業績予想を上方修正
 
 1月22日に20年12月期連結業績予想を上方修正(売上高1億円、営業利益6億円、経常利益7億円、純利益7億円、それぞれ上方修正)した。修正後は売上高が19年12月期比3.9%増の651億円、営業利益が17.2%増の50億円、経常利益が18.3%増の52億円、純利益が28.2%増の36億円とした。配当予想(12月23日に期末10円上方修正)は、19年12月期比10円増配の45円(期末一括)である。
 
 防災・減災対策強化やインフラ老朽化対策など国土強靭化計画の推進で受注が増加し、業務効率化による原価率改善も寄与した。防災・減災対策など国土強靭化計画を背景として21年12月期も収益拡大を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は水準を切り上げて20年1月の昨年来高値に接近している。上方修正を評価して上値を試す展開を期待したい。1月22日の終値は2465円、前期推定連結PER(会社予想の連結EPS254円60銭で算出)は約10倍、前期推定配当利回り(会社予想の45円で算出)は約1.8%、前々期実績連結PBR(前々期実績の連結BPS2169円53銭で算出)は約1.1倍、そして時価総額は約349億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)