(決算速報)
 エイトレッド <3969> は1月21日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計業績を発表した。クラウドサービスが牽引して大幅増収増益だった。通期予想を据え置いたが上振れ余地がありそうだ。テレワークやDXの流れも背景として収益拡大基調だろう。株価は上場来高値圏から反落してモミ合う形だが、好業績を評価する動きが優勢になりそうだ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■21年3月期3Q累計大幅増収増益、通期予想据え置きだが上振れ余地
 
 21年3月期第3四半期累計の業績(非連結)は、売上高が前年同期比13.7%増の13億30百万円となり、営業利益が25.3%増の5億01百万円、経常利益が26.7%増の5億08百万円、純利益が21.6%増の3億37百万円だった。
 
 クラウドサービスのX-point Cloudが31.5%増収と大幅伸長して全体を牽引した。パッケージソフトも6.6%増収と順調(X-pointがクラウドサービスへの移行で6.4%減収だが、大手・中堅企業向けAgileWorksが14.8%増収と伸長)だった。
 
 なお四半期別に見ると、第1四半期は売上高3億98百万円で営業利益1億33百万円、第2四半期は売上高4億76百万円で営業利益1億97百万円、第3四半期は売上高4億56百万円で営業利益1億71百万円だった。第3四半期は第2四半期に対してやや減速の形となったが概ね順調と言えるだろう。
 
 通期予想は据え置いて売上高が20年3月期比10.3%増の17億90百万円、営業利益が10.5%増の6億50百万円、経常利益が10.5%増の6億50百万円、純利益が5.7%増の4億36百万円としている。配当予想は4円増配の20円(第2四半期末10円、期末10円)である。
 
 通期もX-pointはクラウドサービスへの移行で減収だが、AgileWorksとX-point Cloudの伸長が牽引する見込みだ。第3四半期累計の進捗率は売上高74.3%、営業利益77.1%と順調である。上振れ余地がありそうだ。テレワークやDXの流れも背景として収益拡大基調だろう。
 
■株価は上値試す
 
 株価は10月の上場来高値圏から反落してモミ合う形だが、好業績を評価する動きが優勢になりそうだ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。1月21日の終値は2670円、今期予想PER(会社予想のEPS58円35銭で算出)は約46倍、時価総額は約199億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)