(決算速報)
 エスプール <2471> は1月13日の取引時間終了後に20年11月期連結業績を発表した。計画超の大幅増収増益だった。主力2事業(人材派遣、障がい者雇用支援)が好調だった。21年11月期も増収増益・連続増配予想としている。収益拡大基調だろう。株価はボックス展開の形だが、好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。
 
■20年11月期は計画超の大幅増収増益、21年11月期も増収増益予想
 
 20年11月期の連結業績は、売上高が19年11月期比19.9%増の210億09百万円、営業利益が38.9%増の22億28百万円、経常利益が37.1%増の22億29百万円、純利益が46.0%増の15億80百万円だった。計画超の大幅増収増益で過去最高を更新した。配当は1円30銭増配の3円30銭(期末一括)とした。
 
 ビジネスソリューション事業は15.5%増収で6.9%増益だった。障がい者雇用支援(21%増収)は、新型コロナウイルスの影響で第3四半期まで計画を下回っていたが、第4四半期に急回復して過去最高の受注・販売を達成した。EC通販発送代行(14%増収、配送費除く実質ベースでは30%増収)も巣ごもり消費拡大で伸長だった。人材ソリューション事業は21.8%増収で48.5%増益だった。コールセンター派遣(28%増収)がスポット案件も寄与して計画以上に伸長した。
 
 21年11月期連結業績予想は、売上高が20年11月期比18.0%増の248億円、営業利益が12.2%増の25億円、経常利益が11.6%増の24億88百万円、純利益が3.5%増の16億35百万円としている。配当予想は80銭増配の4円10銭(期末一括)である。
 
 増収増益・連続増配予想である。ビジネスソリューション事業は27.2%増収で15.7%増益、人材ソリューション事業は14.8%増収で9.8%増益の計画としている。引き続き主力2事業(人材派遣、障がい者雇用支援)が好調に推移する見込みだ。
 
 なお新・中期経営計画を策定し、目標数値に25年11月期の売上高410億円、営業利益50億円を掲げた。収益拡大基調だろう。
 
■株価は上値試す
 
 株価はボックス展開の形だが、好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。1月13日の終値は756円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS20円70銭で算出)は約37倍、時価総額は約597億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)