Jトラスト <8508> (東2)の株価が急伸している。1月12日、開示事項の経過として、子会社JトラストアジアのタイGLHへの訴訟問題に関する現状の認識を公表した。
 
 20年10月のシンガポール共和国の控訴裁判所における判決(GLH、此下益司氏、ほか5社に対して、Jトラストアジアへ、損害賠償として約70百万米ドルと約131千シンガポールドルの合計額、およびシンガポールにおける訴訟費用の支払いを命じる判決)に基づいて、子会社のJトラストアジアが債権回収のための強制執行を開始しており、1月12日までに約958千シンガポールドルを差し押さえて回収した。また1月11日にはGLHおよび此下氏から当該判決の一部履行として37百万米ドルを受領した。Jトラストアジアは当該判決に基づく債権の残額の回収に向けて引き続き尽力するとしている。
 
 なおタイGLHへの訴訟関連は損失見込額を引当済みであり、今回の一部回収実現によって、一部の戻り益の計上が期待できそうだ。
 
 株価は急伸している。当該訴訟問題が長期にわたって株価の重荷となっていただけに、問題解消に向けた進展を好感しているようだ。9時34分には先週末1月8日の終値206円に対して、16円(7.77%)高の222円まで上昇する場面があった。週足チャートで見ると抵抗線の13週移動平均線を突破する動きだ。基調転換して出直りの動きが期待できそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)