欧州市場で102円72銭まで売られたドル円は反発。リスク回避のドル買いが優勢となり、103円25銭までドルが買われる。ユーロドルは反発。昨年末と同水準となる1.2310までユーロ高が進む。株式市場は大幅安で始まる。コロナ感染が拡大していることや、ジョージア州での決選投票の不透明さを背景に、ダウは一時700ドルを超える下げに。その後下げ幅を縮小したものの、382ドル安で引ける。ナスダックとS&P500も大幅安。債券は横ばい。株が大きく売られたことで資金は再び金へ。昨年末比51ドル上昇し、一気に1946ドル台に。原油は反落。

  
ドル/円  102.90  ~ 103.25
ユーロ/ドル 1.2242 ~ 1.2310
ユーロ/円  126.27 ~ 126.79
NYダウ  -382.59 → 30,223.89ドル
GOLD  +51.50 → 1,946.60ドル
WTI  -0.90  → 47.62ドル 
米10年国債 ±0 → 0.913%

【本日の注目イベント】

日   12月マネタリーベース
独   独11月小売売上高
独   独12月失業率
欧   ユーロ圏11月マネーサプライ
米   12月ISM製造業景況指数
米   12月自動車販売
米   エバンス・シカゴ連銀総裁、パネル討論に参加
米   ウィリアムズ・NY連銀総裁、オンラインイベントで司会
米   ジョージア州で上院決選投票

 2021年が始まりました。株式市場は、日米とも昨年末はほぼ最高値近辺で取り引きを終えましたが、今年は波乱の幕開けでした。いずれもコロナ感染の拡大に歯止めがかからず、感染者数が過去最多を記録したことで、コロナ情報には慣れっこだった市場も「コロナの影響による景気後退」を意識せずにはいられない状況だったようです。昨日の日経平均株価はプラスで始まったものの直ぐ下落に転じ、一時は400円を超える下げに。103円30銭前後で取引されていたドル円も、この時は「リスク回避の円買い」で反応し、102円台に。その流れを引き継いだ欧州市場ではさらにドル売りが強まり、102円72銭までドル安が進みました。昨年12月17日に記録した102円88銭を、わずかですが下回るドル安水準を示現しています。

 ただ、NYでは株価に対する反応は逆でした。米国ではコロナ感染者数が1日で30万人を超えたことや、ジョージア州で議会上院の決選投票を巡る不透明感からNYダウは大きく売られ、一時は700ドルを超える下げを見せました。この時のドル円は「リスク回避のドル買い」で反応したようで、ドル円は103円25銭まで反発しています。なかなか読みにくい相場展開です。それにしても、102円台半ばから後半では確実にドルが買い戻され、反発しています。ドルの先安観が根強いとはいえ、突っ込み過ぎると足元をすくわれる展開が続いています。ここは、ドル安を見据えているものの、その動きは極めて緩やかで、「一歩前進二歩後退といった展開だ」との腹ズモリで対峙するしかありません。


 米上院の決選投票は今日行われ、これで議会の勢力図が最終的に決まることになります。上院では共和党50、民主党48で、残る2議席を巡っての闘いです。トランプ、バイデン両氏とも現地に入り応援演説を行うようですが、予想では共和党が過半数を獲得する公算が高いと見られています。またトランプ大統領はジョージア州で選挙事務を統括する州務長官に圧力をかけていたことが判明しました。トランプ氏はラフェンスパーガー州務長官に、バイデン氏勝利の選挙結果を覆すよう電話で圧力をかけたと、ワシントン・ポスト紙が報じています。トランプ氏もこの事実を認めているようですが、ラフェンスパーガー州務長官は、選挙結果に不正がなかったことを発表しています。この期に及んでもまだ選挙結果を認めないトランプ氏に対して、前国防長官のマティス氏などは、「選挙結果に疑問を投げかける時は過ぎた」と、選挙結果を受け入れるようワシントン・ポスト紙に寄稿しました。

 シカゴ連銀のエバンス総裁は4日、インフレ率が2.5%を大幅に上回っても懸念はない、との認識を示しました。同総裁は記者との電話会見で、「インフレ率が2.5%を大幅に超えて上昇することは懸念していない。3%でさえ恐れていない」と発言し、「インフレ率が3%に向っているのを見れば、われわれは間違いなく政策対応をどう調整するかについて話しているだろうが、同時に、最大限の雇用を達成しインフレ率を適正化させることにも間違いなく焦点をあてているだろ」と語っています。(ブルームバーグ)この発言は、コロナ禍で物価上昇が困難の中、国民のインフレ期待を引き上げるには、それくらい大胆な施策が必要だとの強い意志を表したものと思われます。因みに同総裁は今年のFOMCでの議決権を有しています。

 本日もドル円は昨日と同じような展開を予想します。レンジは102円60銭~103円40銭といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)