トランプ大統領が議会で可決した法案に署名したことを好感し、リスクオンが高まったことでこの日はドル高に。ドル円は103円89銭までドル高が進み、1週間ぶりに103円台後半まで上昇。ユーロドルは1.22台に乗せ、1.2240まで買われる。ユーロ円は127円目前までユーロ高に。法案がひとまず成立したことで株価は上昇。ダウは200ドルを超える上昇を見せ、3指数が揃って最高値を更新。債券は小動きの中ほぼ横ばい。長期金利は0.92%台で推移。金は反落し、原油は続伸。

ドル/円  103.56  ~ 103.89
ユーロ/ドル 1.2203 ~ 1.2240
ユーロ/円  126.36 ~ 126.95
NYダウ  +204.10 → 30,403.97ドル
GOLD  -2.80 → 1,880.40ドル
WTI  +0.61  → 47.62ドル 
米10年国債  ±0 → 0.923%


【本日の注目イベント】

米 10月ケース・シラ-住宅価格指数

 27日米議会が可決した9000億ドル(約93兆1500億円)の経済対策を含む包括法案に対して、国民一人当たり600ドルの現金給付には不満として署名を拒否していたトランプ大統領が一転して法案に署名を行いました。これにより法案は成立しましたが、トランプ氏は引き続き現金給付を2000ドルに増額するよう求めていましたが、今朝の報道ではこれも議会で可決しています。「1人当たり600ドルの現金給付額を2000ドルに差し替えるための法案は、賛成多数で可決した。採決結果は賛成275、反対134と、可決に必要な3分の2の賛成票を上回った」と、ブルームバーグは伝えています。

 署名を拒否していたトランプ氏が一転して署名を行った背景には、自身が所属する共和党内部からも署名を求める声があり、さらに「トランプ氏は退任後も政治的な影響力を維持したいと考え、年始年末の経済の混乱回避を優先した」(日経新聞)ものと見られます。成立した経済対策は、2009年のリーマンショック時のそれを上回り、2021年の経済成長を3%程押し上げる効果があるとの試算もあります。

 ひとまず法案が成立したことで、NY株式市場は3主要指数が揃って最高値を更新し、リスクオンが強まりました。リスクオンが強まり、株価が上昇すると売られる傾向があったドル円は、昨日はドル高に振れています。ドル円は103円89銭まで買われ、1週間ぶりの高値を付け、直近の円の高値からちょうど1円値を戻したことになります。依然としてドルの上値はまだ限定的と見ていますが、今のところ市場の参加者が少ない間隙をぬった投機的な動きは見られません。ユーロ円が127円に迫る水準まで上昇するなど、クロス円では概ね円安傾向が継続しており、これがドル円をサポートしているとも考えられます。また米長期金利も1%を目前に足踏みはしていますが、トレンドとしては上昇傾向を維持していることも、ドルが思ったほど下げない要因の一つになっています。

 今年もあと3日で終わりますが、上述のように米国では大規模な経済対策に加え、コロナワクチンの接種も急速に進んでいるようです。今後、ドル円は下値を試す可能性が高いと見ていますが、どこかの段階で反発することも十分考えられます。コロナからの脱却と経済成長の再加速がドル高につながる構図ですが、この部分では日米欧では先頭を走る可能性もあります。ドル円が100円を割り込み、底値を確認してからの反転になるのか、あるいは100円という非常に重要な大台を割り込むことなく反転に向かうのか、この点については今後の動きを慎重に見ていきたいと思います。

本日のドル円は103円40銭~104円程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)