(決算速報)
 パイプドHD <3919> は12月28日の取引時間終了後に21年2月期第3四半期累計連結業績を発表した。人件費増加などで営業・経常減益、投資有価証券売却益計上で最終大幅増益だった。通期は純利益を上方修正したが、営業・経常減益予想を据え置いた。第3四半期累計の進捗率は概ね順調であり、需要が回復傾向であることを考慮すれば、通期上振れ余地がありそうだ。株価は上値を切り下げる形だが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■21年2月期3Q累計営業・経常減益、通期は純利益を上方修正
 
 21年2月期第3四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比1.4%増の45億69百万円、営業利益が9.6%減の8億21百万円、経常利益が11.5%減の8億17百万円、純利益が31.1%増の7億68百万円だった。
 
 売上面では、新型コロナウイルスに伴うマイナス影響(案件失注、商談長期化、キャンペーン中止、広告出稿停止など)があったが、全体として増収を確保した。機能別事業群の情報資産プラットフォーム事業は2.3%増収、販促CRMソリューション事業は0.7%増収、広告事業は1.4%減収、分野別事業群のxTech事業は6.6%減収、社会イノベーション事業は5.2%増収だった。
 
 利益面は人件費や研修費の増加などで営業・経常減益だった。純利益は投資有価証券売却益2億93百万円を計上(米国Sprinklr社の売却手続が第3四半期に完了)して大幅増益だった。
 
 通期連結業績予想(6月30日にレンジ予想下限値を上方修正、9月2日に特別利益計上で純利益を上方修正)は、投資有価証券売却益が確定したことに伴って純利益を2億円上方修正した。売上高が58億円~62億円(20年2月期比6.6%減~0.1%減)、営業利益が10億円~12億円(28.1%減~13.7%減)、経常利益が10億円~12億円(28.7%減~14.4%減)、純利益が9億円~10億円(30.7%増~45.3%増)としている。
 
 第3四半期累計の進捗率は通期予想レンジ下限値に対して売上高78.8%、営業利益82.1%、上限値に対して売上高73.7%、営業利益68.4%となる。進捗率は概ね順調であり、需要が回復傾向であることを考慮すれば、通期上振れ余地がありそうだ。
 
■株価は営業・経常減益予想を織り込み済み
 
 株価は上値を切り下げる形だが営業・経常減益予想を織り込み済みだろう。調整一巡して出直りを期待したい。12月28日の終値は1509円、時価総額は約123億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)