2020年のコロナ禍から一足早く経済復調を果たした中国は、2021年は経済対策で緩和した金融の正常化を図りつつ、経済を持続的に発展させていく危機対応からの出口を模索することになる。大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏は12月22日、「中国:21年の経済政策運営の重点を読み解く」と題したレポート(全3ページ)を発表し、2021年の中国経済を展望した。レポートの要旨は以下の通り。 ◆2020年12月1・・・・

続きを読む