千葉県や栃木県で大型リゾートホテルを展開する株式会社勝浦ホテル三日月(千葉県勝浦市)は12月23日、南中部沿岸地方ダナン市で、同市初かつアジア最大級の全天候型スパ施設「三日月ウォーターパーク365(Mikazuki Waterpark 365)」を開業する。

  ホテル三日月グループは同敷地内でヴィラやレストランを運営しているほか、2021年6月には大規模複合型リゾート「ダナン三日月ジャパニーズリゾート&スパ(Da Nang - Mikazuki Japanese Resorts & Spa」をグランドオープンする予定だ。

  「三日月ウォーターパーク365」は、ドーム面積1haを超える全天候型の温浴テーマパーク。施設内には各種室内アトラクションプールや日本の「温泉」を楽しむ温浴施設などのアミューズメントだけでなく、ゲームセンター、レストラン・カフェ、マッサージなども併設する。

  メインとなるプールエリアにはベトナム最長クラスとなる1周450mの屋外流水プールや、ドラゴンを模した全長142m・高さ15mの大型ウォータースライダーなどのアトラクションプール(温水28度)が多数ある。温浴エリアには水着で入浴できる温泉体験ゾーンに加え、湯温38度の裸風呂「三日月温泉」も併設する。

  なお、「ダナン三日月ジャパニーズリゾート&スパ」はダナン市リエンチウ区ホアヒエップナム街区グエンタットタイン通りスアンティエウ観光区(Khu du lich Xuan Thieu, Nguyen Tat Thanh, phuong Hoa Hiep Nam, quan Lien Chieu, TP. Da Nang)に位置する。ダナン国際空港からわずか10km(車で約15分)、市内中心部から12km(車で約20分)と利便性も高い。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)