リスク回避の流れが強まったことからドル円は欧州時間に103円89銭近辺まで反発。NYでは上値を追う動きはなく、ドルがジリジリと売られ、103円30銭まで下落。結局、東京時間のレベルまで押し戻される。ユーロドルは反落し、1.2163まで売られる。英国とEUとの通商協議の行方が不透明なことに加え、欧州各国がロックダウンに踏み切ったことがユーロ売りにつながった。コロナの「変異種」が確認され、欧州でロックダウンが相次いだことから株価は朝方から大きく下落。その後銀行株を中心に買いが優勢となり、結局ダウは37ドル高で取引を終える。債券相場は反発。長期金利は0.93%台に低下。金は続落。原油は欧州でのロックダウンを手掛かり大幅に下落。

ドル/円  103.30  ~ 103.62
ユーロ/ドル 1.2163 ~ 1.2253
ユーロ/円  125.97 ~ 126.62
NYダウ  +37.40 → 30,216.45ドル
GOLD  -6.10  → 1,882.80ドル
WTI  -1.36  → 47.74ドル 
米10年国債  -0.012 → 0.935%


【本日の注目イベント】

独   独1月GFK消費者信頼感
英   英7-9月期GDP(改定値)
米   7-9月GDP(確定値)
米   11月中古住宅販売件数
米   12月リッチモンド連銀製造景況業指数
米   12月消費者信頼感指数

 本日も話題は、「新型コロナウイルス」と、「米経済対策を巡る動き」、そして「英国とEUの通商交渉の行方」の「3本立て」です。

 昨日もこの欄で触れましたが、コロナウイルスの「変異種」が欧州を中心に拡大しているニュースが、大きく取り上げられています。「変異種」はすでに英国だけではなく、イタリア、オランダ、デンマークなどでも確認されており、アフリカでも異なる種類だとされていますが確認されています。ハンコック英保健相は前日、コロナ変異種の感染が「制御不能」に陥っていると警告しています。「変異種」はこれまでのコロナに比べ70%も感染力が強いといった報告も英国から伝えられています。欧州各国でロックダウンに踏み切ったことから、「リスクオフ」が一気に強まり、昨日の欧州時間にドル円は103円89銭前後まで買い戻されています。「リスクオンでドル売り」が強まることの「裏返し」ということでしょうか。前日49ドル台まで買われていたWTI原油価格も、昨日は大きく売られました。欧州各国では渡航禁止が発令され、特に欧州と英国の物流拠点であるドーバー海峡ではトラックなどの物流で混乱が出ている模様です。

 英国とEUの通商交渉は依然として合意には達していませんが、英国側から新たな提案が検討されているようです。ブルームバーグによると、双方とも週末には新たな譲歩は難しいことを示唆していましたが、交渉に詳しい関係者は英国が21日、EUが他の分野で折れるのを条件にさらなる譲歩を申し出たとされています。英国は最新の提案で、EUによる英水域での年間漁獲高(金額ベース)を約3分の1減らすことを求めているようです。ジョンソン英首相はEUが提示した通商協定案を受け入れるかどうかの決断を迫られていると、ブルームバーグが報じています。英国はロンドン時間12月31日午後11時をもってEU単一市場と関税同盟を離れますが、離脱後の協定についてEUは週末にこれ以上の譲歩を拒否しており、ジョンソン首相がどう動くかが注目されています。交渉に近い双方の関係者は、21日の合意が成立する大きな可能性があると述べていますが、交渉が決裂する確率も同じくらい高いことも認めています。

 報道されているように、米議会の与野党指導部は9000億ドル(約93兆円)規模の追加経済対策で合意しました。ペロシ下院議長は会見で、「今回の経済対策は第一歩。バイデン次期政権で追加対策を講じる」と述べ、さらなる追加対策の対案を示唆しています。これに対してムニューシン財務長官はCNBCのテレビ番組で、「これで回復できる」と述べるに留まっています。合意した内容では、大人一人あたり最大600ドルの現金給付や、低所得層を中心に家賃の支払いや食費の確保を支援する仕組みも含んでいます。本来ならこの合意を受けてNY株式がさらに上値を追う展開も想定できましたが、コロナの「変異種」に負けた格好です。巷で、ようやくコロナワクチンの接種が開始されたことを感じ取って、自己変質したわけでもないのでしょうが、コロナは手ごわく、侮れない相手です。

 ドル円は欧州時間に103円89銭近辺まで反発したことから、短期の動きを示す「30分足」では一目均衡表の雲を上抜けしましたが、その後のNY市場の動きで、再び雲の下方に押し戻されています。リスクオフが一時的に高まったことによるドルの買い戻しでしたが、この先コロナの「変異種」がどこまで猛威を振るうのかを見極める必要があります。これまでのように、大きな流れとしてリスクオンが継続されるのであれば、ドル円も再び102円台を試すことになりますが、恐怖指数と呼ばれる「VIX指数」は約1カ月ぶりに「25」を超えて来ています。依然としてドルの上値の重さは昨日のNYでの動きからも確認されていますが、やや注意は必要かと思います。

本日のドル円は103円~103円80銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)