牛丼を主力商品とする大手外食チェーン「吉野家」のベトナム1号店が、12月23日にホーチミン市1区リートゥチョン通り13番地(13 Ly Tu Trong, phuong Ben Nghe, quan 1)の「和食ガーデン(Washoku Garden)」2階にグランドオープンする。ベトナムは、海外吉野家の25番目の出店エリアとなる。

  株式会社吉野家ホールディングス(東京都中央区)100%子会社のアジアヨシノヤインターナショナル(マレーシア)は、2019年10月18日にベトナム企業であるVロータス・ホールディングス(V Lotus Holdings、ホーチミン市)とフランチャイズ(FC)契約を締結し、ベトナムでの吉野家フランチャイズ加盟を授権した。

  「吉野家リートゥチョン(Yoshinoya Ly Tu Trong)店」は、店舗面積162m2(客席数62席)、営業時間は10時から22時まで。主な商品は、牛丼並盛(7万5000VND=約340円)、炙り牛焼肉(7万9000VND=約360円)、すき焼き鍋(12万9000VND=約580円)など。

  リートゥチョン店を皮切りに、3年以内に5店舗以上のベトナム出店を計画している。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)