ドル円は小動き。103円台には戻したものの、103円台前半でのもみ合いに終始。ユーロドルは前日の水準から値を下げる。1.226まで売られたが、ポジション調整の域に留まる。
 株式市場は3指数が揃って反落。ダウは124ドル下げたものの、下げ幅は引け際に経済対策で大筋合意との報に大幅縮小。債券相場は続落。長期金利は0.94%%台に上昇。金は反落し、原油は5日続伸。

経常収支(7-9月)     → -1785億ドル
11月景気先行指標総合指数  → 0.6


ドル/円   103.23  ~ 103.47
ユーロ/ドル 1.2226  ~ 1.2260
ユーロ/円  126.38  ~ 126.72
NYダウ   -124.32 → 30,179.05ドル
GOLD   -1.50   → 1,888.90ドル
WTI    +0.74   → 49.10ドル
米10年国債 +0.013  → 0.946%

【本日の注目イベント】

欧  ユーロ圏12月消費者信頼感指数(速報値)


 年内の成立が危ぶまれていた米経済対策案が大筋合意し、20日上下両院で採決される見込みとなりました。
 追加経済対策の規模は総額9000億ドル(約93兆円)とし、大人一人あたり600ドルを支給する現金給付も盛り込み、低所得層を中心に家賃の支払いや食料の確保を支援する内容です。民主党のシューマー上院院内総務は19日遅くに記者団に対し、共和、民主両党の交渉担当者の立場が「非常に近づいている」と述べ、経済対策について上下両院が20日にも採決に動くことが可能だと発言しています。また同氏は、「この方向に事態が引き続き
進み、邪魔が何も入らなければ、明日採決できるだろう」とも述べています。
 この報道は先週末のNY株式市場の引け間際に伝わり、3主要指数は下げ幅を大幅に縮小して越週しました。

 もう一つの懸念材料である英国とEUとの通商交渉は依然として難航しており、双方の間に「著しい相違」があると、双方の担当者は述べています。合意への最大の障害は、漁業権と国家補助だと当局者は指摘しており、英国側の交渉責任者フロスト氏とEU側のバルニエ主席交渉官との交渉は21日も継続される見通しです。(ブルームバーグ)ポンドはこの報道で売られ、ややドル高に振れており、ドル円も今朝方はドル買い戻しが優勢となっています。

 英国は新型コロナウイルスでも厳しい状況に立たされています。
 英国のハンコック保健相は新型コロナウイルス「変異種」の感染が、「制御不能」に陥っていると警告しています。
 20日から3回目のロックダウンに入ったロンドンとイングランド南東部では、住民1600万人余りが外出自粛を指示されており、ジョンソン首相が「クリスマスを禁じるのは非人間的だ」と述べていましたが、政府はそのわずか3日後に撤回を余儀なくされています。オランダ政府は20日から英国への渡航を禁止する措置に踏み切っています。
 欧州では英国以外でもイタリアやスウェーデンでも都市封鎖が続いており、今年は異例の
クリスマスシーズンになりそうです。米国でも、カリフォルニア州では1週間の新規コロナ感染件数が30万2690件と7日間としては過去最多となっており、累計では185万456件に達しています。(ブルームバーグ)
 ジョーンズホプキンス大学の集計では、全世界のコロナによる死者数は169万人を上回っています。
 一方で米国ではコロナワクチンの集団予防接種が始まり、米疾病対策センター(CDC)は、最初の週に55万6208人が接種を受けたと発表しています。


 日本でも「勝負の3週間」は完敗で終わり、今ではその敗因の一部に「Go Toキャンペーン」が挙げられている状況です。
 先週は東京都で1日の感染者数が過去最多を更新し、昨日も556人の感染者数を記録しています。
 日本でもコロナクチンの早期審査を進める意向はあるものの、田村厚生労働大臣は、日本の接種時期について、「2月とは予断を持って言えない」と述べました。

 ドル円は先週102円88銭までドル安が進んだものの、そこからはやや値を戻しています。
 103円がかなり重要な水準であったことから、「103円を割り込むとドル安が加速する」と予想していましたが、今のところドル下落の勢いは緩慢です。
 ただ、依然としてドルの上値は重い展開が予想され、クリスマスから年末にかけて注意が必要なことは変わりません。

 本日のドルは103円~103円80銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)