新型コロナの封じ込めにいち早く成功した中国は、今年10-12月期でコロナ前の経済の巡航速度であった年6.0%程度の成長に回復した。大和総研経済調査部の主席研究員 齋藤尚登氏は12月17日、「2021年の中国経済見通し」と題したレポート(全10ページ)を発表し、2021年の中国経済の成長率見通しを8.0%とした。レポートの要旨は以下のとおり。

◆2020年1月~2月の中国経済は壊滅的な悪化を余儀なくされたが、3月初旬には新型コロナウイルス感染症の抑え込みにほぼ成功した。経済活動は正常化に向かい、実質GDP成長率は1月~3月の前年同期比▲6.8%(以下、変化率は前年同期比、前年比)から4月~6月は3.2%に急回復を遂げ、7月~9月は4.9%となった。牽引役は不動産開発やインフラ向けを中心とする投資であり、消費もマイナス幅が縮小している。10月~12月の実質GDP成長率は、コロナショック以前の巡航速度とされる6.0%程度に回復しよう。主要国が軒並み大幅なマイナス成長を余儀なくされる中で、2020年の中国経済は2.2%程度の実質成長が見込まれる。

◆2021年の中国経済の注目点は、(1)投資から消費主導の景気拡大への転換、(2)金融緩和と積極的な財政政策からの出口戦略、(3)そしてパンデミックの収束が中国経済に与える影響である。2021年1月~3月は前年が大幅なマイナス成長であった反動で高成長を遂げ、その後は反動が一巡すること、出口戦略が本格的に始まること、パンデミック収束により輸出のコロナ関連特需が剥落し、過剰生産能力の削減圧力が高まること、などから年末に向けては巡航速度とされる6%程度をやや下回る水準になると想定している。2021年1月~3月の実質GDP成長率は16.0%、以降、四半期毎に7.0%、6.0%、5.0%程度となり、2021年年間では8.0%程度となろう。(情報提供:大和総研)(イメージ写真提供:123RF)