(決算速報)
 ネオジャパン <3921> は12月14日の取引時間終了後に21年1月期第3四半期累計の連結業績を発表した。クラウドサービスが好調に推移して大幅増益だった。通期利益予想を上方修正(9月10日に続いて2回目)し、配当予想も上方修正した。企業のテレワーク化・DX化の流れも追い風として、通期予想に3回目の上振れ余地がありそうだ。株価は9月の上場来高値圏から一旦反落したが切り返しの動きを強めている。上方修正を好感して上値を試す展開となりそうだ。
 
■21年1月期3Q累計大幅増益、通期利益予想を2回目の上方修正
 
 21年1月期第3四半期累計の連結業績は売上高が前年同期比68.1%増の39億25百万円、営業利益が49.7%増の8億22百万円、経常利益が49.0%増の8億36百万円、純利益が34.4%増の5億15百万円だった。
 
 売上面では、ソフトウェア事業のクラウドサービス(19.0%増収)がグループウェア「desknet‘s NEO」クラウド版を中心に好調だった。システム開発事業では19年8月子会社化したPro―SPIREが寄与(前年第3四半期は貸借対照表のみ連結)した。利益は主力のクラウドサービスの増収効果で大幅増益だった。なおマレーシアの子会社を第3四半期から新規連結し、報告セグメントに海外事業を追加した。
 
 通期の連結業績予想(9月10日に売上高を据え置き、各利益を上方修正)は、売上高を据え置き、各利益を上方修正(2回目の上方修正)して、売上高が20年1月期比42.4%増の53億31百万円、営業利益が28.7%増の9億円、経常利益が28.3%増の9億20百万円、純利益が28.9%増の6億38百万円とした。
 
 第3四半期累計の利益が計画を上回ったため、通期の利益予想を上方修正した。なお配当予想も期末2円50銭上方修正して、20年1月期比2円50銭増配の10円(期末一括)とした。
 
 修正後の通期予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が73.6%、営業利益が91.3%である。第4四半期に大型オンラインイベント開催に伴う広告宣伝費の増加を見込んでいるが、企業のテレワーク化・DX化の流れも追い風として、通期利益予想に3回目の上振れ余地がありそうだ。中期的にも収益拡大基調だろう。
 
■株価は上値試す
 
 株価は9月の上場来高値圏から一旦反落したが切り返しの動きを強めている。上方修正を好感して上値を試す展開となりそうだ。12月14日の終値は2597円、時価総額は約386億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)