大唐集団(02117)が12月11日、香港メインボードに新規上場した。公募価格4.56香港ドルに対し、初値は4.56香港ドルと公募価格と同値だった。その後、3.61香港ドルまで下落する場面もあった。

 同社は、6つの経済地域で、住宅、および、商業用不動産の開発に焦点を当てた不動産開発業者。中国西部台湾海峡経済地域、北武湾岸地域および近隣都市、北京-天津-河北地域、揚子江地域の中流部、長江デルタ地域、および、重慶という経済成長力の強い地域に展開している。2020年には中国の不動産開発会社トップ500の中で88位にランクされた。(イメージ写真提供:123RF)