11月の雇用統計では非農業部門雇用者数が予想を大きく下回ったことを受け、ドル円は103円83銭まで売られる。ただ、その後は反発し、米長期金利の上昇や、経済対策が早期に実現するとの見方が支えに。

 ユーロドルは1.21台後半から反落。週末を控え、利益確定の売りが優勢となり、1.2110まで下落。株式市場は3主要指数が揃って上昇し、最高値を更新。経済対策へ期待が高まりダウは248ドル上昇し、引け・・・・

続きを読む