日本政策金融公庫(東京都千代田区)が発表した「第10回取引先海外現地法人の業況調査報告」によると、今後3年程度の事業展開における有望国・地域として、ベトナムが7年連続で1位となった。

  同調査は、取引先の海外での事業概況などを把握するため、2011年から毎年実施しているもの。調査対象は日本政策金融公庫中小企業事業の取引先海外現地法人で、回答企業数は1529社。このうち44.0%(67・・・・

続きを読む