恒大物業(06666)が2日、香港メインボードに新規上場した。公募価格8.80香港ドルに対し、初値は8.84香港ドルと公募価格を0.45%上回った。

 同社は、中国で最大規模、かつ、最も急成長している総合的な不動産管理サービス会社。管理対象としている不動産物件が所在する都市の数で中国の不動産管理会社中で第2位にランキングされ、総収入、総粗利益、総純利益では第3位にランクされている。2017年から2019年にかけて、純利益の年平均成長率が195.5%になった。(イメージ写真提供:123RF)