プラマテルズ <2714> (JQ)は双日グループの合成樹脂専門商社である。親会社が11月26日発表したTOB(完全子会社化で上場廃止予定)に対して、賛同意見および応募推奨を表明した。株価は急騰してTOB価格にサヤ寄せする形だ。
 
■双日グループの合成樹脂専門商社
 
 双日 <2768> グループの合成樹脂専門商社である。11月26日に双日が、子会社の双日プラネット(支配株主)によるプラマテルズに対するTOBを発表し、本TOBに対する賛同意見および応募推奨を表明した。
 
 買い付け期間は20年11月27日~21年1月14日、買い付け価格は770円である。完全子会社化を企図しているため、プラマテルズ株式は上場廃止の予定である。また本TOBが成立することを条件に、21年3月期末配当を行わないと発表している。
 
■株価は急騰、TOB価格にサヤ寄せ
 
 株価は急騰している。買い付け価格770円にサヤ寄せする形だ。11月30日の終値は760円、時価総額は約65億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)