ドル円は東京時間の午後に104円台を割り込み、103円90銭前後までドル安が進んだが、NYでは104円台を回復。104円21銭までドルが反発。ユーロドルは続伸し、約3カ月ぶりに1.1964までユーロ高が進む。
 株式市場は感謝祭後の短縮取り引きのため参加者が減る中続伸。ナスダックとS&P500は最高値を更新。債券は反落。長期金利は0.83%台まで低下。金は23ドル下げ、1788ドル台まで下落。原油は小幅ながら反落。

ドル/円   103.97  ~ 104.21
ユーロ/ドル 1.1921  ~ 1.1964
ユーロ/円  124.12  ~ 124.53
NYダウ   +37.90 → 29,910.37ドル
GOLD   -23.10 →  1,788.10ドル
WTI    -0.18  → 45.53ドル
米10年国債 -0.044 → 0.837%

【本日の注目イベント】

日  10月鉱工業生産
中  11月中国製造業PMI
中  11月中国サービス業PMI
独  独11月消費者物価指数(速報値)
欧  ラガルド・ECB総裁講演
欧  OPEC総会(オンライン)
英  英11月消費者信用残高
米  11月シカゴ購買部協会景気指数
米  10月中古住宅販売成約件数
加  カナダ10月住宅建設許可件数


 ドル円は先週末の東京時間午後に再び104円台を割り込み、103円90銭前後までドル安が進みましたが、NYではドルがやや買い戻される展開でした。ただ、ドルの上値は依然として重く、その傾向はユーロドルで一段と鮮明になってきました。この欄でもユーロドルが1.19台を回復した際に触れましたが、チャートではユーロの上昇を示唆する形が整っており、ユーロロングに妙味がある状況でした。ユーロ自体は、12月のECB理事会で追加の緩和策に踏み切る公算が高く、それ自体はユーロ売り材料ですが、足元の「ドル安傾向」が勝った感じです。ユーロドルは9月1日以来となる1.1964まで買われ、1.2台が視野に入ってきました。
 この水準はECB高官が何度もユーロ高をけん制した水準で、ECBとしては受け入れられない水準かと思われます。域内では新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、ロックダウンなど、経済活動の封鎖を余儀なくされており、景気が再び底割れする懸念が台頭しています。ユーロ高はドイツなど、輸出を中心とする国にとっては[逆風]となるからです。ユーロ圏をけん引するドイツが再び景気後退に陥れば、ユーロ圏の景気回復にとっては大きなマイナス要因になります。ユーロドルが1.20に近づいた際、どのような発言がECB高官から出て来るのか、注目したいと思います。ただこれまで、「口先介入」で相場の流れを変えられたことは、ほとんどありません。

 トランプ大統領は大統領選について、12月の選挙人団が民主党候補のバイデン氏に投票すれば、政権を手放し、ホワイトハウスを去る意向のあることを初めて示しました。トランプ氏はホワイトハウスで、大統領選での敗北後初めて記者団の質問に答え、バイデン氏の勝利を選挙人団が確認した場合、ホワイトハウスの建物を物理的に去るのかの質問に対し、「確かにそうする。分かるだろう」と述べ、さらに敗北を認めるのかと迫られると返答せず、「敗北を認めるのは非常に難しいことだ」と発言しています。また、トランプ氏が選挙での敗北を覆すための訴えについても、連邦最高裁判所で取り上げられることは「恐らく」ないだろうと認め、トランプ氏の法的手段が尽きつつある可能性を示唆したものの、不正を訴える取り組みを断念する期限はないとも述べています。(ブルームバーグ)

 クリスマス商戦の前哨戦とも言われる米「ブラックフライデー」は、実店舗での客足は半減したものの、ネット購入の流れが加速し、事前予想通りの結果に終わったようです。センサーマティック・ソリューションズのデータによると、27日(金)の実店舗への客足は、新型コロナの影響もあり、前年比52%減少したようです。
 また感謝祭当日(26日)の客足は前年比95%の減少だったと報告されています。一方、アドビ・アナリティクスは、今年のサイバーマンデー(30日)のオンライン売上高は米史上最高となる、108億ドル~127億ドル(約1兆1200億円~1兆3200億円)になると予想されています。ダウは先週初の3万ドル台を達成し、ナスダックとS&P500は先週末も最高値を更新するなど、足元の株高が個人の購買意欲を掻き立てます。

 再開前からお互いをけん制する発言のあった英国とEUの通商協議は、今のとこと現実的、かつ誠実な協議が進展しているとブルームバーグは報じています。解決すべき最大の問題は漁業権だとラーブ英外相は述べ、「EUが原則を理解することが重要だろう。彼らが現実的になって善意と誠実さを示せば、成立する合意はあると考えている」と語っていますが、まだ予断を許しません。

 本日のドル円は103円70銭~104円50銭程度を予想します。引き続き動きの出てきたユーロドルの推移には注意が必要です。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)