ドル円は104円台で小動きながらリスク選好の流れからドルの上値が重い展開。104円台半ばを中心にもみ合う。ユーロドルはドイツの経済指標が良好だったことで買われたものの、1.19には届かず。リスク選好の勢いが増し、株式市場は連日の急騰を見せる。
 ダウは454ドル上昇し、初の3万ドル台に。S&P500も57ポイント上昇し、共に最高値を更新。リスクオンの流れから債券は続落。長期金利は0.88%台に。金は続落し、一時は1800ドルの大台を割り込む。原油は反対に、コロナワクチンへの期待もあり、一時45ドル台に乗せ、44.91ドルで引ける。

9月ケース・シラ-住宅価格指数    →  6.57%
9月FHFA住宅価格指数       →  1.7%
11月消費者信頼感指数        →  96.1
11月リッチモンド連銀製造景況業指数 →  15

ドル/円   104.43  ~ 104.76
ユーロ/ドル 1.1842  ~ 1.1896
ユーロ/円  123.88  ~ 124.35
NYダウ   +454.97 → 30,046.24ドル
GOLD   -33.20  →  1,804.60ドル
WTI    +1.85   → 44.91ドル
米10年国債 +0.026  → 0.880%

【本日の注目イベント】

欧  ECB、金融安定報告書公表
米  7-9月GDP(改定値)
米  10月耐久財受注
米  10月個人所得
米  10月個人支出
米  10月PCEコアデフレータ
米  新規失業保険申請件数
米  11月ミシガン大学消費者マインド(確定値)
米  FOMC議事録(11月4、5日分)
米  10月新築住宅販売件数

 リスク選好の流れが一段と強まり、NY株式市場は連日の大幅高で、ダウは引け値で3万ドルの大台を突破しました。リスクオンは、株高、債券安、ドル安、金価格の下落につながっており、コロナ禍の状況の中、カネ余りと低金利が市場の「狂乱」を演出しているようです。ダウの初の3万ドル突破を受け、トランプ大統領はホワイトハウスで急遽会見を行い、「株式市場、ダウ工業株30種平均は史上最高値を更新し、3万ドルを付けた。これまで3万ドルを突破したことはなかった。しかも、それはパンデミックの最中で起きた」、「全員を祝福したい」と述べました。トランプ氏が大統領選後にマスコミの前に姿を見せる機会は極端に減りましたが、やはり、敗北のショックからか、はたまた、ホワイトハウスを去らなければならない一抹の寂しさからか、元気がないように見えました。会見はわずか1分余りで終了し、記者からの質問は受けつけなかったようです。

 日米で株価の上昇が顕著です。
 昨日の日経平均株価はザラ場で一時700円を超える上昇を見せる場面もあり、大引けでも638円高と、大幅高で終わっています。コロナワクチンへのメドがたって来たことに加え、トランプ氏がバイデン氏の政権移行手続きを容認したこと。さらに次期財務長官にイエレン前FRB議長が指名されたことなどが好感され、安心感から株価の一段高を見越した資金が流入したようです。イエレン氏の財務長官就任について、NY連銀のウィリアムズ総裁は、「驚くべき知性の持ち主であり、仕事における倫理観は比類がない」と称えています。金融行政に詳しいだけではなく、「今後米国のドル政策に関しては、より明確になる」(ブルームバーグ)と見られています。

 中国の王毅外相が来日しました。
 中国政府要人の来日は久しぶりで、コロナ感染が拡大する中、オンラインではなくあえて来日し、フェーストウフェースの会談を選択したことに、いろんな憶測が出ていますが、米中関係が最悪の状況の中、中国包囲網の分断を狙ったものだという意見には説得力があるように思います。本日には菅総理とも会談するようですが、日中関係にしても決して良好なわけではなく、特に尖閣諸島周辺への領海侵入に関しては「一触即発」の状況とも伝えられています。また香港の人権問題に関しても、日本は米国と同じ姿勢で臨んでおり、日中が急速に関係を改善するとも思えません。米政権がトランプ氏からバイデン氏に移るため、米国との関係改善への好機と捉え、日本に「橋渡し」を求めている可能性もありますが、本日の菅総理との会談内容を見たいと思います。

 本日もNY株の大幅高を受け、日経平均株価は上昇が見込まれます。年内に2万7000円まで上昇するといった強気の予測も出はじめ、個人投資家の参戦が増えてきているようです。ただ、コロナ禍での株価の大幅高には違和感を拭いきれず、一部の株価が買われるのは理解できますが、全体が上昇する根拠の説明は難しいと思われます。「マネーゲーム」と割り切れば、それはそれで納得できますが、ゲームである以上、勝つ人がいれば、必ず負ける人もいるということです。いかにして「勝ち組」に入り込むのかが難しい部分です。株式市場の喧騒をよそに、為替市場は本日も静かな取り引きになることでしょう。

 予想レンジは104円~104円90銭と、昨日と同じ予想です。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)