(決算速報)
 ディ・アイ・システム <4421> (JQ)は、11月13日の取引時間終了後に20年9月期の連結業績を発表した。2桁増収だが先行投資などで大幅減益だった。21年9月期は需要が堅調に推移して大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は10月の年初来高値圏から急反落したが、大幅増収増益予想を好感する動きとなりそうだ。戻りを試す展開を期待したい。
 
■20年9月期は先行投資で大幅減益、21年9月期は大幅増収増益予想
 
 20年9月期連結業績は、売上高が19年9月期比11.1%増の42億83百万円、営業利益が54.9%減の1億06百万円、経常利益が50.0%減の1億09百万円、純利益が49.9%減の77百万円だった。
 
 需要が堅調に推移して2桁増収(システムインテグレーション事業が10.8%増収、教育サービス事業が8.8%増収)だが、事業所新・増設や内部管理体制強化に伴うソフトウェア投資などの先行投資で大幅減益だった。新型コロナウイルスに伴う商談停滞も影響した。
 
 21年9月期連結業績予想は、売上高が20年9月期比15.2%増の49億33百万円、営業利益が70.0%増の1億81百万円、経常利益が63.9%増の1億80百万円、純利益が55.6%増の1億21百万円としている。
 
 需要が堅調に推移し、先行投資に係る一時的費用の一巡も寄与して、大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は10月の年初来高値から急反落したが、調整一巡感を強めている。21年9月期大幅増収増益予想を好感する動きとなりそうだ。戻りを試す展開を期待したい。11月13日の終値は1771円、時価総額は約27億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)