(決算速報)
 アイリッジ <3917> (東マ)は11月13日の取引時間終了後に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。大型開発案件の反動や新型コロナウイルスの影響で2桁減収だが、売上総利益率改善や販管費抑制で赤字縮小した。また第2四半期は営業黒字に転換した。通期予想は据え置いて営業・経常減益予想としているが、売上総利益率改善基調を期待したい。株価は10月の年初来高値圏から反落したが、第2四半期の営業黒字転換を好感して戻りを試す展開を期待したい。
 
■21年3月期2Q累計赤字縮小、通期も売上総利益率改善基調を期待
 
 21年3月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比14.0%減の20億85百万円、営業利益が15百万円の赤字(前年同期は76百万円の赤字)、経常利益が13百万円の赤字(同75百万円の赤字)、純利益が11百万円の赤字(同79百万円の赤字)だった。
 
 大型開発案件の反動や、新型コロナウイルスによるオフラインプロモーション減少の影響で2桁減収だが、売上総利益率改善や販管費抑制で赤字縮小した。なお四半期別に見ると、第1四半期は売上高9億81百万円で営業利益28百万円の赤字、第2四半期は売上高11億04百万円で営業利益13百万円黒字だった。第2四半期は営業黒字に転換した。
 
 通期連結業績予想は据え置いて、売上高が20年3月期比6.3%減の50億円、営業利益が12.3%減の1億円、経常利益が12.3%減の1億円、純利益が40百万円の黒字(20年3月期は81百万円の赤字)としている。新型コロナウイルス影響の長期化を考慮して減収、営業・経常減益だが、売上総利益率改善基調を期待したい。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は10月の年初来高値圏から反落したが、第2四半期の営業黒字転換、第2四半期累計の赤字縮小を好感して戻りを試す展開を期待したい。11月13日の終値は1148円、時価総額は約77億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)