(決算速報)
 ケンコーマヨネーズ <2915> は11月13日の取引時間終了後に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。大幅減収減益だった。新型コロナウイルスの影響を受けた外食産業向けが大幅に落ち込んだ。通期予想を据え置いたが、感染再拡大も勘案すれば下振れに注意が必要となりそうだ。株価は3月の年初来安値に接近している。目先的には下振れ懸念の動きが優勢になりそうだが、業績悪化を織り込み済みで下値限定的だろう。
 
■21年3月期2Q累計大幅減収減益、通期据え置きだが下振れ注意
 
 21年3月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比11.2%減の335億33百万円、営業利益が64.4%減の5億30百万円、経常利益が60.8%減の6億23百万円、純利益が61.8%減の4億22百万円だった。
 
 総菜関連事業等は子会社における設備投資の効果も寄与して12.3%増収と伸長したが、主力の調味料・加工食品事業(サラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類)が16.1%減収と大幅に落ち込んだ。新型コロナウイルスで事業環境が悪化した外食分野向けの売上が影響を受けた。
 
 通期の連結業績予想は据え置いて、売上高が20年3月期比8.7%減の680億円、営業利益が27.6%減の21億円、経常利益が32.1%減の20億40百万円、純利益が35.9%減の13億20百万円としている。売上は緩やかに回復傾向だが、感染再拡大の状況を勘案すれば下振れに注意が必要となりそうだ。
 
■株価は下値限定的
 
 株価は軟調で3月の年初来安値に接近している。目先的には通期下振れ懸念の動きが優勢になりそうだが、業績悪化を織り込み済みで下値限定的だろう。11月13日の終値は1760円、時価総額は約290億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)