(決算速報)
 KeyHolder <4712> (JQ)は11月11日の取引時間終了後に20年12月期第3四半期累計の連結業績を発表した。営業黒字、最終赤字だった。新型コロナウイルスでライブやイベントが影響を受けたが、オンラインに切り替えた。通期黒字予想は据え置いた。通期ベースで収益改善を期待したい。株価は上値を切り下げてモミ合う展開だ。業績悪化懸念を織り込み済みと考えられ、通期黒字予想据え置きで安心感につながる可能性がありそうだ。
 
■20年12月期3Q累計は営業黒字・最終赤字、通期黒字予想据え置き
 
 20年12月期第3四半期累計の連結業績(IFRS)は、売上収益が62億77百万円、営業利益が20百万円の黒字、親会社所有者帰属四半期利益が43百万円の赤字だった。
 
 新型コロナウイルスでライブやイベントの中止、所属アーティストの活動自粛などの影響を受けたが、オンラインに切り替えて活動を推進した。なお第3四半期にノースリバーを連結子会社化、アイドルグループ「乃木坂46」運営の乃木坂46合同会社を持分法適用会社化した。株式交換で譲渡したキーノートは第3四半期に連結子会社から外れ、不動産事業・商業施設建築事業を非継続事業に分類して表示している。
 
 通期予想は据え置いて、売上収益が80億円、営業利益が3億円、親会社所有者帰属当期利益が4億円としている。当面は新型コロナウイルスの影響が意識されるが、通期ベースで収益改善を期待したい。
 
■株価は新型コロナ影響を織り込み済み
 
 株価(20年8月15日付で10株を1株に併合)は上値を切り下げてモミ合う展開だ。業績悪化懸念を織り込み済みと考えられ、通期黒字予想据え置きで安心感につながる可能性がありそうだ。11月11日の終値は1255円、時価総額は約208億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)