(決算速報)
 GMOグローバルサイン・ホールディングス <3788> は11月11日の取引時間終了後に20年12月期第3四半期累計の連結業績を発表した。小幅ながら営業・経常増益だった。通期予想は据え置いて増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は上場来高値圏から急反落した。目先的には第3四半期の営業利益減速を嫌気する可能性もあるが、調整を交えながら戻りを試す展開を期待したい。
 
■20年12月期3Q累計営業・経常増益、通期予想据え置き
 
 20年12月期第3四半期累計(1月~9月)の連結業績は、売上高が前年同期比3.9%増の100億52百万円、営業利益が1.7%増の10億89百万円、経常利益が8.0%増の11億79百万円、そして純利益が3.8%減の8億85百万円だった。
 
 全体として小幅ながら営業・経常増益だった。ソリューション事業が先行投資負担で赤字やや拡大したが、クラウド・ホスティング事業がクラウドサービス拡大やサービス統廃合効果などで16.9%増益、セキュリティ事業がSSLサーバー証明書の契約期間変更のマイナス影響を吸収して8.1%増益と順調だった。
 
 通期の連結業績予想は据え置いて、売上高が19年12月期比4.4%増の136億91百万円、営業利益が7.1%増の15億42百万円、経常利益が5.7%増の15億70百万円、純利益が5.5%増の11億32百万円としている。クラウドサービスやSSLサーバー証明書が牽引して増収増益予想である。
 
 第3四半期累計の営業利益進捗率は70.6%である。四半期別の営業利益は第1四半期が4億15百万円、第2四半期が3億97百万円、第3四半期が2億77百万円となり、第3四半期に減速した形だが、通期ベースで収益拡大を期待したい。
 
 なおGMO電子印鑑Agreeの契約数は11月8日時点で7万件を突破した。テレワークや電子印鑑・電子契約の流れも追い風として中期的に収益拡大基調だろう。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は上場来高値圏から急反落した。目先的には第3四半期の営業利益減速を嫌気する可能性もあるが、調整を交えながら戻りを試す展開を期待したい。11月11日の終値は1万280円、時価総額は約1202億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)