ホーチミン市交通運輸局は9日、同市都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)第1期運行計画の運賃に関する第2案を同市人民委員会に提出した。

  2019年末に同市人民委員会が承認済みの第1案によると、運行開始初年度は初乗り運賃が8000VND(約36円)で、以降は1km当たり800VND(約3.6円)追加していくことになっていた。

  一方、今回提案された第2案では、1回あたりの運賃を乗車距離に基づいて決定し、7000~1万2000VND(約31.5~54円)とする。

  この他、1日乗車券を2万2000VND(約99円)、3日乗車券を6万VND(約270円)、1か月定期券を約40万VND(約1800円)で販売する方針。なお、チャージ型の電子チケットを利用した場合、1回の乗車当たり約1000VND(約4.5円)割安になるという。

  メトロ1号線は全長19.7kmで、始発のロンビン駅から終点のベンタイン駅まで14駅(うち高架11駅、地下3駅)を設置する。年内に作業の85%を完了させ、2021年末に全線の運行を開始する計画。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)