(決算速報)
 ハウスドゥ <3457> は11月10日の取引時間終了後に21年6月期第1四半期の連結業績を発表した。大幅増収増益だった。売上高が第1四半期として過去最高となり、その他販管費のコントロールも寄与した。通期予想は据え置いて大幅増益予想(レンジ予想)としている。通期ベースでも収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏だ。大幅増収増益を好感して上値を試す動きとなりそうだ。
 
■21年6月期1Qは大幅増収増益、通期も収益拡大期待
 
 21年6月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比24.1%増の75億23百万円、営業利益が8.4倍の3億15百万円、経常利益が7.3倍の2億57百万円、純利益が1億52百万円(前年同期は0百万円)だった。
 
 フランチャイズ事業(20.5%増収)、金融事業(35.1%増収)、不動産売買事業(2.1倍増収)が牽引して売上高が第1四半期として過去最高となり、売上総利益が増加した。コスト面では成長強化事業への継続投資で人件費や広告宣伝費が増加したが、その他販管費のコントロールも寄与した。なおハウス・リースバック事業は41.1%減収だが、保有残高の積み上げに注力して仕入契約件数が21.7%増加した。
 
 通期の連結業績予想(レンジ予想)は据え置いて、売上高が339億76百万円~375億32百万円(20年6月期比3.3%増~14.2%増)、営業利益が27億13百万円~35億12百万円(43.3%増~85.5%増)、経常利益が25億円~33億円(45.7%増~92.2%増)、純利益が16億50百万円~21億78百万円(60.1%増~111.3%増)としている。
 
 新型コロナウイルス影響が徐々に縮減すると想定し、各種取り組み効果で大幅増益予想としている。通期ベースでも収益拡大を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は戻り高値圏だ。第1四半期の大幅増収増益を好感して上値を試す動きとなりそうだ。11月10日の終値は1313円、時価総額は約256億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)