(決算速報)
 立花エレテック <8159> は11月9日の取引時間終了後に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で大幅減収減益だが、従来予想との比較では売上高、利益とも計画超となり、減益幅が縮小した。通期予想は引き続き未定としている。後半の回復を期待したい。株価は第2四半期累計が計画超だったことを好感する動きが優勢になりそうだ。
 
■21年3月期2Q累計は新型コロナで減収減益だが計画超、通期予想未定
 
 11月9日発表した21年3月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比10.5%減の750億08百万円、営業利益が45.5%減の16億45百万円、経常利益が43.3%減の17億90百万円、純利益が25.6%減の16億67百万円だった。
 
 新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で需要が減少し、前年比で大幅減収減益(FAシステム事業が41.7%減益、半導体デバイス事業が45.8%減益、施設事業が84.8%減益)だった。ただし従来予想との比較では売上高、利益とも計画超となり、減益幅が縮小した。なお特別利益に負ののれん発生益を計上した。
 
 通期予想は引き続き未定としている。当面は新型コロナウイルスによる経済収縮の影響を受けるが、後半の需要回復を期待したい。
 
■株価は新型コロナ影響を織り込み済み
 
 株価は9月の年初来高値圏から一旦反落したが、切り返しの動きを強めている。新型コロナウイルスの影響をある程度織り込み済みと考えられ、第2四半期累計が計画超だったことを好感する動きが優勢になりそうだ。11月9日の終値は1762円、時価総額は約459億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)