(決算速報)
 加賀電子 <8154> は11月5日の取引時間終了後に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収、営業・経常減益だが、社内計画に対して上振れたため、通期の売上高と営業・経常利益予想を上方修正した。従来予想に比べて営業・経常減益幅が縮小する見込みだ。下期を保守的な予想としており、通期予想は再上振れの可能性が高いだろう。株価は上方修正を好感して戻りを試す動きを強めそうだ。
 
■21年3月期2Q累計は営業・経常減益だが計画超、通期上方修正
 
 21年3月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年比18.1%減の1888億59百万円、営業利益が15.4%減の44億34百万円、経常利益が21.8%減の43億38百万円、純利益が3.1倍の107億72百万円だった。なお純利益はエクセル買収に伴う負ののれん益計上で大幅増益だった。
 
 情報機器事業は大幅伸長したが、電子部品事業が大幅減収減益だった。富士通エレクトロニクスにおける大口商権解消に加えて、EMSビジネスでは新型コロナウイルスの影響で車載関連や空調関連などの需要が減少した。ただし第2四半期から需要が徐々に回復して社内計画に対して上振れた。営業利益は第1四半期の16億56百万円に対して、第2四半期は27億78百万円と回復傾向を強めている。
 
 通期の連結業績予想は売上高と営業・経常利益を上方修正して、売上高が20年3月期比7.6%減の4100億円、営業利益が25.1%減の75億円、経常利益が26.0%減の75億円、純利益(従来予想を据え置き)が70.9%増の100億円とした。従来予想に比べて営業・経常減益幅が縮小する見込みだ。
 
 修正後の通期予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高46.1%、営業利益59.1%、経常利益57.8%、純利益107.7%である。下期を引き続き保守的な予想としているが、テレワーク化などの流れで情報機器関連が順調であり、電子部品・EMSでは車載関連も回復基調が予想される。通期予想は再上振れの可能性が高いだろう。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は戻り高値圏から反落して水準を切り下げる形だが、上方修正を好感して戻りを試す動きを強めそうだ。11月5日の終値は2045円、時価総額は約587億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)