(決算速報)
 寿スピリッツ <2222> は11月4日の取引時間終了後に21年3月期最2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響を強く受けて大幅減収・赤字だった。通期も大幅減収・赤字予想とした。ただし下期は「GoToトラベル」キャンペーン効果や経費削減などで黒字予想としている。収益回復基調を期待したい。株価は戻り一服の形だが、下期黒字予想を評価して出直りを期待したい。
 
■21年3月期通期赤字予想だが「GoToトラベル」効果で下期黒字予想
 
 21年3月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比64.7%減の79億04百万円、営業利益が34億20百万円の赤字(前年同期は35億18百万円の黒字)、経常利益が19億55百万円の赤字(同35億48百万円の黒字)、純利益が12億90百万円の赤字(同22億68百万円の黒字)だった。新型コロナウイルスの影響(店舗の臨時休業、外出・移動・帰省の自粛、インバウンド需要の消失)を強く受けて大幅減収・赤字だった。
 
 なお売上高の月別増減率(前年同月比、海外子会社除く)は4月が82.4%減、5月が79.0%減、6月が61.5%減、7月が56.7%減、8月が60.8%減、9月が48.6%減だった。9月に入って「GoToトラベル」キャンペーン効果で緩やかな回復傾向となり、減収幅が縮小している。
 
 通期の連結業績予想および配当予想を公表し、売上高が20年3月期比48.8%減の231億40百万円、営業利益が34億円の赤字(20年3月期は64億54百万円の黒字)、経常利益が13億70百万円の赤字(同64億75百万円の黒字)、純利益が9億円の赤字(同41億円の黒字)、配当が10円減配の30円(期末一括)とした。
 
 通期ベースでは赤字だが、下期は「GoToトラベル」キャンペーン効果や経費削減などで黒字予想(売上高が152億35百万円、営業利益が20百万円の黒字、経常利益が5億85百万円の黒字、純利益が3億90百万円の黒字)としている。上期をボトムとして収益回復基調を期待したい。
 
■株価は下期黒字予想を評価
 
 株価は戻り一服の形だが、下期黒字予想を評価して出直りを期待したい。11月4日の終値は5100円、時価総額は約1587億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)