(決算速報)
 ジャパンフーズ <2599> は11月2日の取引時間中に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で計画を下回り、大幅減収減益だった。通期予想も下方修正して大幅減収減益予想とした。22年3月期の収益回復を期待したい。株価は下方修正を嫌気する場面があったが、業績悪化懸念をある程度織り込み済みであり、下値限定的だろう。目先的な売り一巡して反発を期待したい。
 
■21年3月期2Q累計大幅減収減益、通期予想を下方修正
 
 21年3月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比15.1%減の76億88百万円、営業利益が29.1%減の6億49百万円、経常利益が26.9%減の6億99百万円、純利益が21.5%減の5億13百万円だった。
 
 計画を下回り大幅減収減益だった。新型コロナウイルスによる清涼飲料業界へのマイナス影響が想定よりも大きく、市場環境悪化で国内の受託製造数が16.8%減少した。
 
 通期連結業績予想(期初時点では未定、7月30日に公表)は下方修正して、売上高が20年3月期比10.7%減の140億円、営業利益が97.5%減の10百万円、経常利益が80.4%減の90百万円、純利益が16.5%減の1億円とした。純利益は前期計上の減損損失の剥落が寄与する。また配当予想は据え置いた。
 
 上期の受注が想定を下回り、下期も新型コロナウイルスの影響が避けられない見込みとしている。原価率改善・固定費削減の低重心経営を推進し、海外事業や水宅配フランチャイズ事業の収益拡大も寄与するが、国内受託製造数減少をカバーできない。なお業績悪化を受けて役員等の報酬を減額する。22年3月期の収益回復を期待したい。
 
■株価は下値限定的
 
 株価は下方修正を嫌気する場面があったが、業績悪化懸念をある程度織り込み済みであり、下値限定的だろう。目先的な売り一巡して反発を期待したい。11月2日の終値は1241円、時価総額は約63億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)