いよいよ米国の大統領選挙が11月3日に迫ってきた。トランプVSバイデンの戦いは、まったく予断の許さない緊迫したものとなっているが、いずれにしても為替相場を始め株式市場や債券市場で大きな変動幅が予想される。加えて、スペインやフランスでは外出規制などが再開され、パンデミック第2波の様相を呈してきた。波乱に満ちた為替相場になることが予想される11月の動向を外為オンライン・アナリストの佐藤正和さん(写真)にうかがっ・・・・

続きを読む