ドル円は小幅に反発し104円73銭まで上昇。ユーロドルでユーロが大きく売られたことから、円を売る流れが優勢に。ラガルドECB総裁が12月会合での追加緩和を示唆したことでユーロドルは大きく下落。1.1650前後まで売られ、1カ月ぶりの安値圏に。株式市場は前日の急落から反発。GDPが市場予想を上回ったことで買い戻しが入った。ダウは139ドル高。債券は大幅に続落。長期金利は0.82%台に上昇。金は続落し約1カ月ぶり・・・・

続きを読む