(決算速報)
 綿半ホールディングス <3199> は、10月29日の取引時間終了後に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。巣ごもり需要などで大幅増益となり、期末配当予想を増額した。通期利益予想は10月26日に上方修正(2回目)しているが、さらに3回目の上方修正の可能性がありそうだ。株価は9月の年初来高値圏から一旦反落したが、好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。
 
■21年3月期通期利益予想は3回目の上方修正の可能性
 
 21年3月期第2四半期累計の連結業績は売上高が前年同期比0.1%増の588億96百万円、営業利益が2.5倍の23億円、経常利益が2.4倍の24億34百万円、純利益が2.8倍の15億44百万円だった。7月30日の上方修正値を上回る大幅増益だった。
 
 小売事業は3.6%増収で96.9%増益だった。巣ごもり需要や猛暑効果で好調に推移し、特にDIY商品や園芸用品など利益率の高い商品の好調が寄与した。建設事業は工事延期で11.0%減収だが、工事採算性改善や経費削減で8.6倍増益だった。貿易事業は販売先からの前倒し出荷要請などで15.0%増収、12.3%増益だった。
 
 通期の連結業績予想(7月30日に利益を上方、10月26日に売上高を下方、利益を2回目の上方修正)は、売上高が20年3月期比4.3%減の1150億円、営業利益が17.6%増の31億円、経常利益が19.1%増の33億50百万円、純利益が38.2%増の21億円としている。配当予想は10月29日に1円増額して18円(期末一括)とした。20年10月1日付株式2分割後に換算して比較すると1円増配となる。
 
 通期は、小売事業における改装に伴う一時休業、建設事業における工期遅れなどを考慮して減収見込みとしたが、小売事業における巣ごもり需要を背景とする利益率の向上、販管費の削減などで2桁増益の見込みだ。下期を保守的な予想としているが、通期利益予想は3回目の上方修正の可能性がありそうだ。
 
■株価は好業績を評価して上値試す
 
 株価(20年10月1日付で株式2分割)は、9月の年初来高値圏から利益確定売りで一旦反落したが、好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。10月29日の終値は1375円、時価総額は約272億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)